「心配してくださるお方がおられる」 Ⅰペテロ5:5~11 2015/09/03

 

私達は主に生きていただく時に、謙遜に歩み、また父なる神様に完全に委ね、サタンに勝利することができます。それは決して自分の頑張りや努力だけではありません。自分で頑張っていると人を裁き、自分を裁き落ち込むのです。

 

Ⅰ 謙遜 神様から恵みと栄誉をいただく秘訣、それは謙遜です。

 

5:5 同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。

5:6 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。

 

神様の恵みは低いところに流れます。これは霊的原則です。クリスチャンらしさ それはイエス様に似ていること、謙遜です。(愛はもちろんですが:謙遜は愛の姿―高慢にならない)謙遜こそはイエス様のご性質です。イエス様は弟子たちの足を洗い、しもべとして仕えられました。イエス様に倣う者は言葉と行いを持って主を証しし、仕える者となるのです。私達が謙遜になるように神様は環境を通し働かれます。私たちが低くされる時、謙遜を学ぶ機会としましょう。それは祝福を頂くチャンスです。

 

Ⅱ 思い煩いを神様に委ねる 

 

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。Ⅰペテロ5:7

 

全宇宙を御手に納めておられる全能の神様があなたのことを心配し、守ってくださるのです。あなたはひとりではありません。信仰は自分で頑張ることではなく神様に委ねることです。 決して何もしないのではありません。神様に委ね、神様がせよと言われることを一生懸命行うことです。自分や状況を見ていては平安は来ません。平安は主を見上げるところから来ます。心配してくださるお方がおられる。だから大丈夫なのです。 あなたを誰よりも愛し、心配しておられるのはあなたの両親でしょう。しかし、それ以上に全宇宙を御手に納めておられる全能の神様があなたのことを心配し、守ってくださり、あなたの益を考えてくださるのです。あなたはひとりではありません。

 

Ⅲ クリスチャンの戦い

 

5:8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。

5:9 堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。

 

①敵の存在を知る:クリスチャンには戦うべき敵がいます。戦いの相手は人ではありません。夫、妻、子・・・ではありません。ですから目を覚まして戦う相手を間違えないことです。

②敵に対処する:敵に立ち向かう(同士打ちではなく)堅く神様に信頼し、立ち向かうのです。 神様の許しがなければ悪魔は私たちに指一本触れることはできません。

③神様の約束:主が勝利を与えてくださるお方です。勝利の主に従うことです。11,12節

 

* そして神の恵みは,すでに具体的に神の民を〈キリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった〉ことにおいて明らかにされている.クリスチャンは自分は救われた、平安だと言って座り込んで何もしないで天国に行くまで待っているのではない。地上でやるべき仕事がある。「一人一人に自分ならではの果たすべき使命がある。」サタンと戦う。自分の力ではなく主によって戦う。内住のキリストの力によって。

 

Ⅰヨハネ3:8 罪のうちを歩む者は、悪魔から出た者です。悪魔は初めから罪を犯しているからです。神の子が現われたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。

 

祈り:神様、私の思い煩いをすべてあなたにお委ねします。あなたが心配してくださることを感謝します。アーメン

「心配してくださるお方がおられる