エレミヤ33:1~9  2013年11月7日

 

正しいことを行って非難、攻撃されたらどうしますか? エレミヤの経験はまさにそうでした。神の言葉に従いエルサレム崩壊を預言したために迫害を受けたのです。

 

Ⅰ 試練の中で神の声を聴く・神はどんなお方謙遜 神様から恵みと栄誉をいただく

   秘訣、それは謙遜です。

 

33:1 エレミヤがまだ監視の庭に閉じ込められていたとき、再びエレミヤに次のような主のことばがあった。

33:2 「地を造られた主、それを形造って確立させた主、その名は主である方がこう仰せられる。

 

 

神は創造主、全能の神、天地万物の支配者。自然界の主。歴史の支配者。真実な方。語られたことは必ず実現される。それがどんなに困難に見えても!ですから神がどなたか知ることです!そして神が語られることを聞くことです。

 

 

Ⅱ 祈りのチャレンジ 

 

33:3 わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

 

そのような神があなたにも呼べといわれる!民が神に叫ぶなら,神は応えられる(3節).主が答えるまで主を呼べ!神はその民に祈りを求められるお方!(ソロモン王の例:Ⅰ列王3:5 その夜、ギブオンで主は夢のうちにソロモンに現われた。神は仰せられた。「あなたに何を与えようか。願え。」)

 

 

Ⅲ 神の救い

 

33:3 わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

 

 

なぜ神を呼び求めるのでしょうか?神を呼ぶときに何が起きるのでしょうか。 人間を造られたまことの神こそ人間を救うことができます。人の必要を満たされます。だから神に叫ぶのです。真剣に神様を呼び求めてみてください。あなたも神様の救いを経験なさるでしょう。

「神を呼べ」